コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「実現できるのか」米大統領、鳩山首相に疑念(読売新聞)

 ワシントンで12日夜(日本時間13日午前)に行われた鳩山首相とオバマ米大統領との非公式会談で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題をめぐって首相が「5月末決着」への協力を大統領に求めたのに対し、大統領が「きちんと最後まで実現できるのか」と強い疑念を示していたことがわかった。

 複数の関係筋が17日、明らかにした。大統領は問題が進展していない現状にも不満を表明し、米政府がオバマ大統領以下、鳩山首相に対して深い不信感を抱いている様子が浮き彫りとなった。

 関係筋によると、核安全サミットの夕食会席上で非公式に行われた約10分間の会談では、鳩山首相が米軍キャンプ・シュワブ陸上部などへの移設を組み合わせた日本政府案を念頭に、「5月末の決着に向けて努力している」と説明。そのうえで、「大統領にもぜひ協力を願いたい」と要請した。

 しかし、オバマ大統領は「(11月の首脳会談で)あなたは『私を信じてほしい(トラスト・ミー)』と言った。しかし、何も進んでいないではないか」と不満を表明。さらに、「きちんと最後まで実現できるのか(Can you follow through?)」と、日本政府の対応に強い疑念を示したという。

 これに対し、首相は「岡田外相とルース大使との間で今、交渉を行っている」と説明したが、大統領から明確な反応はなかったという。

 大統領の発言は、鳩山首相が昨年11月に会談した際、普天間問題について「トラスト・ミー」と発言し、早期決着を約束したにもかかわらず、国内の合意形成が一向に進んでおらず、首相が約束を履行していないことに対する不信と不満を示したものといえる。

 米政府はまた、4月中に行うとしていたキャンベル国務次官補の訪日を見送る方針を固め、17日までに日本政府に伝えた。

 米政府筋は「我々は日本政府が示しているものを政府案としてとらえていない。今、次官補が訪日すれば、我々が協議に応じると鳩山政権に誤解される恐れがある」と述べ、現状では、日本政府と協議する考えがないことを強調した。

 ◆普天間飛行場移設問題をめぐる12日の日米非公式会談の主なやり取り◆      鳩山首相 日米同盟は大変大事だ。その考え方の中で今努力している。5月末までに決着する。大統領にもご協力願いたい。

 オバマ大統領 (昨年11月の日米首脳会談で)あなたは「私を信じてほしい(Trust me)」と言った。しかし、何も進んでいないではないか。きちんと最後まで実現できるのか(Canyoufollowthrough?)。

 首相 岡田外相とルース駐日米大使との間で交渉している。沖縄の負担軽減が、日米同盟の持続的発展にも必要だ。

<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<福岡3歳児虐待>31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑(毎日新聞)

 福岡市博多区の3歳女児が母親から暴行を受け意識不明になっている虐待事件で、福岡県警博多署は17日、継父も女児を縛り風呂場に約6時間半閉じこめたとして、同区博多駅南3、会社員、山崎英治容疑者(31)を逮捕監禁容疑で逮捕した。容疑を認め「おしっこをしても、すぐに流せるから浴槽に入れた」と供述しているという。

 逮捕容疑は4月11日午前2時ごろから午前8時20分ごろまで、妻志穂容疑者(28)=暴行容疑で逮捕=の次女山本心結(みゆ)ちゃんの右手首を粘着テープで自宅浴槽の蛇口に縛りつけて風呂場の扉を閉め監禁したとしている。「帰宅したら(心結ちゃんだけが)起きていた。室内でおしっこをするから浴槽に入れた」などと供述しているという。【川名壮志】

大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
<南丹市長選>現職の佐々木氏が再選 京都(毎日新聞)
こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
名古屋「市民税10%減税」恒久化、否決(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島で島民ら1万5000人(主催者発表)が参加した大規模な反対集会が開かれたことについて、「大変なエネルギーだ。一つの民意だと理解すべきだと思う。そういう民意も勉強しながら、政府として普天間の移設先を真剣に考えていきたい」と述べた。

【写真特集】普天間移設先、最有力案に浮上 徳之島とは

 首相公邸前で記者団から「徳之島に正式に打診する考えはあるのか」と聞かれたのに答えた。政府は反対集会について参加者実数など詳細な分析を行っており、首相の発言は地元の意向を見極めながら、徳之島案を検討していく考えを示したものとみられる。

 平野博文官房長官は、徳之島を軸に検討している政府案を今週、民主党鹿児島県連に正式に伝える意向で、政府は地元との正式交渉入りに向けた動きを本格化させる。これに対し、民主党県連は徳之島案の白紙撤回を求める方針を18日、首相に伝えており、近く正式に撤回を申し入れることにしている。

【山田夢留】

【関連ニュース】
【写真特集】米軍普天間飛行場はなぜ危険とされるのか
毎日新聞世論調査:内閣支持率33% 不支持は初の5割超
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ
普天間移設:「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感

<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
東京駅に爆弾! テロ訓練=APEC控え駅員ら真剣-警視庁(時事通信)
民主幹部、参院選で「公明票に期待」(産経新聞)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
「銀閣寺」修復が完了=内部に黒漆、創建時を復元-京都(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)

 神奈川県の不正経理問題で、県警は8日、県政策総務課の元専任主幹・吉田伸一(58)(横浜市港北区日吉本町)と元副主幹・木村仁(50)(同県松田町松田惣領)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、両容疑者は2004年3月~05年3月の間、共謀し、私的流用する目的で、事務用品などを購入したとする架空の伝票を提出し、出納課職員に計約4000万円を、取引業者の口座に振り込まさせた疑い。

 県警は8日午後、詐欺容疑で県庁の関係部署に捜索に入った。

 県は昨年12月に両容疑者ら元職員3人を詐欺容疑で刑事告訴し、今年1月にいずれも懲戒免職処分としていた。もう1人については、引き続き捜査を続けるとしている。

<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)
京都府知事選、現職・山田啓二氏が3選確実(読売新聞)
【第48期囲碁十段戦】第3局 下辺で激しい競り合い(産経新聞)
平沼氏、参院選10議席目標=公約に消費税10%明記-園田氏(時事通信)
<鉄道事故>女児がJR奈良線の列車にひかれ死亡 京都(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

富良野塾 26年の歴史に幕 多くの俳優、脚本家を育成(毎日新聞)

 北海道富良野市在住の脚本家で演出家の倉本聰さん(75)が主宰し、俳優や脚本家を養成してきた演劇の私塾「富良野塾」が4日閉塾し、26年の歴史に幕を下ろした。

 倉本さんが84年、私財を投じて市内に開塾した。受験料、入学金、授業料は不要。農作業で生活費を稼ぎ、2年間共同生活をしながら演技や創作を学ぶ独特の方式で、25期の16人を含めて計275人が卒塾した。

 この日は1期生たちの夢に懸ける熱い闘いを役者の肉体と演技だけで表現した塾の記念碑的作品「谷は眠っていた」を最終公演。倉本さんは集まった卒塾生たちと握手し、抱き合った。【横田信行】

【関連ニュース】
倉本聰さん:北海道教育大学で講義 教師の卵に演劇的手法
時代を駆ける:倉本聰/6止 親父に精神的遺産もらった
時代を駆ける:倉本聰/5 富良野塾で僕が一番学んだ
時代を駆ける:倉本聰/4 「北の国から」は全部体験したこと
時代を駆ける:倉本聰/3 NHKとけんか、北海道へ

<普天間>「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相(毎日新聞)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結(産経新聞)
<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<シー・シェパード>船長を捕鯨妨害で起訴 東京地検(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーが日本の調査捕鯨船の監視船に侵入したとして逮捕された事件で、東京地検は2日、抗議船「アディ・ギル号」船長だった活動家、ピーター・べスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=を艦船侵入や傷害など五つの罪で起訴した。数年前から繰り返されてきたSS側の過激な妨害行為が、日本の法廷で初めて裁かれることになった。

 SS側は日本側の対応を批判している。東京地検の大鶴基成次席検事は「医師も病院もない洋上での非常に悪質で危険な行為で処罰は当然。捕鯨問題とは関係ない」と述べた。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日午後11時ごろ、南極海上で氏名不詳者と共謀し、小型ボートからロケット砲に似た装置を使って酪酸入りのガラス瓶を発射。監視船「第2昭南丸」の船体で破裂させ、異臭のする酪酸を飛散させるなど業務を妨害し、男性船員(24)の顔に全治約1週間のやけどを負わせた。同月15日午前7時半ごろには水上バイクで同船に接近し、防護ネットを刃渡り19センチのナイフで破り船内に侵入したとされる。

 事件直後に赤松広隆農相が「司法手続きにのっとった形できちんと始末する」と発言したことなどから、検察内部には「政治的捜査」と批判されたり法廷が反捕鯨のPRに利用されることを懸念し、起訴に慎重な意見もあった。だが、逮捕後に国際世論の反発が高まることはなく、ある幹部は「淡々と処分を決められた」と述べた。【大場弘行、三木幸治、鈴木一生】

 ◇「弱腰」批判回避

 SSを巡っては08年、日本の調査捕鯨船に同乗していた海上保安官が、乗り込んできたSS活動家2人を拘束したものの、政府は2日後に洋上で豪政府側に引き渡し、「弱腰」と批判された。今回は官房長官が中心となって調整し、日本移送の対応をまとめた。ただし、ある海保幹部は「日本の裁判で調査捕鯨の不当性を主張するために乗り込んだのは明らかで、手を出すのは相手の思うつぼだと思った」と振り返る。

 移送の間、ベスーン被告は船内で破壊活動をする恐れもあったため、「船舶に危害を及ぼす行為をしようとする者に必要な処置をできる」と定めた船員法26条に基づき、第2昭南丸船長の判断で身柄を「保護」。日本帰港後に海上保安官が逮捕する手順をとった。

 海保は今後も調査捕鯨への違法行為を取り締まることになるが、09年は安全を最優先する海保側と、調査捕鯨を最優先する捕鯨船側とで航行場所などの意見が折り合わず、海上保安官の捕鯨船同乗を見送った。今後、改めて同乗を求められる可能性がある。

【関連ニュース】
シー・シェパード:元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で
シー・シェパード:日本側の対応批判 元船長起訴の方針に
シー・シェパード:抗議船長を追送検…傷害容疑は否認
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ
シー・シェパード:船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検

車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中-北海道(時事通信)
B型肝炎訴訟、福岡地裁が和解勧告(読売新聞)
<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)
<国立大>法人化後医系・文系で研究の質低下 学部長調査(毎日新聞)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。